望遠レンズって、どんなレンズ?

望遠レンズは、

遠くのものを画面で大きく配置できる

視野角が狭い

パースがつきにくい

​という特徴を持ちます。

<望遠レンズの概要>

 

 

望遠レンズというと、望遠鏡をイメージする人も多いかもしれません。望遠鏡は遠くのものを見るために使う機構なので、写真機における望遠レンズも同じように、「遠くのものを写すために使う」と思われがち。

しかし、実際は望遠レンズの使いみちは、「遠くのもの」の撮影にかぎったものではないのです。

<望遠レンズの活用シーン>

望遠レンズというと、望遠鏡をイメージする人も多いかもしれません。望遠鏡は遠くのものを見るために使う機構なので、写真機における望遠レンズも同じように、「遠くのものを写すために使う」と思われがち。

しかし、実際は望遠レンズの使いみちは、「遠くのもの」の撮影にかぎったものではないのです。

<ISOの選び方>

ISOを選ぶには、フィルム時代の目安をとりあえず参考にすれば間違いはありません。ISO感度で違う特徴と一緒に、ご紹介します。

  • 100--高精細な写真を撮りたいとき

  • 400--晴れた日中〜日陰まで、撮影シーンの幅が広いとき

  • 800--いわゆる結婚式のような薄暗い室内で撮るとき

  • 1600--高感度のザラつきを楽しみたいとき

 

いわゆる家族のアルバムに貼られるような、一般的な写真をお求めでしたら、基本的には400か800の感度であれば十分です。100や200だと、晴れた日中でないと撮影が厳しかったり、三脚が必須になったりします。

 

・ややこしいデジカメのISO設定

さて、デジタルカメラの場合は、最高ISO感度が5万、10万まであるカメラもありますね。そこで、ISOの選び方ですが、ちょっとこれがややこしいのです。

気にしたいのが、最高のISO感度の数値がいくつかという問題。ここでは、参考までに最高ISO感度の違う2つのカメラを例に出して説明します。

【カメラA:最高ISO感度3200】

フィルムのISO感度と変わらない感覚で設定して問題ないです。おそらく、ISO1000を超えたあたりから画面のザラつきが目立ちだすはず。通常はISO400くらいで撮影するのがいいでしょう。

​【カメラB:最高ISO感度51200】

カメラAと同じ感覚でISOを設定していると、もったいないです。最高ISO感度が51200くらいになると、ノイズが入りだし始めるのは1600よりももっと高い数値。

 

カメラにもよりますが、例えばISO8000くらいで撮影しても、ノイズがフィルムカメラほど目立たないということは多々あります。

・ISOを余すことなく利用するなら

ISO感度を上手に利用したいなら、ISO感度によって違う画質のザラつきなどを、事前にきちんと把握しておくことです。

カメラのプレビュー画面からでは、ノイズに気づかないこともしばしば。PC画面などを通して確認するようにしましょう。

 

少し面倒ですが、ISO400、ISO1000、ISO5000など、段階を変えて撮影します。見比べることでいったいどれくらいの数値だとノイズが出るのか、アレと言ってもどれくらいのアレなのかが理解できるようになります。

<かつては、ISOだけではなかった>

ISO、ISOと呼ばれていますが、ISOはISOという機構の基準でしかありません。かつてはもう2つ、ISOとは別の基準がありました。

・ASA感度

アーサなどのと呼ぶようです。このASAは、アメリカ標準規格のこと。実はASAとISOはあまり変わりません。100、200、400など、感度の展開も似ています。

 

今でもフィルムの外箱やフィルムカメラを見ると、ASAという文字が見つかることも。ちょっと気にしてみてみてください。

・DIN感度

DIN感度はドイツ工業規格というドイツの感度の規格です。こちらのDINについては、正直あまり世界的に使われている感じがありません。もしかすると、ドイツ製のカメラになら書いてあるのかもしれませんが…。

 

DINの場合は、ASA100が「21°」、ASA200が「24°」と、「◯°」という表記になるので、ドイツ製のカメラをお持ちなら調べてみてください。